アドラー心理学にハマった私のゴールとなるような、素晴らしい記事との出会い(^^♪

岸見一郎さんの「嫌われる勇気」で有名となり、ドラマ化までされたアドラー心理学。 私はアドラー心理学にハマり、何冊か本を読みました。 ●アドラー心理学をまとめた「嫌われる勇気」をやっと、読み終わりました。 ⇒http://mmignon.seesaa.net/article/443672230.html?1486942233 慢性的な人間関係に悩んでいたので、救われたし元気が出ました。 でもやっぱり、理想論だったり、ちょっと違うかなって部分もありました。 だから、自分に合ういいとこ取りのアドラーと考えていました。 そんな私に・・とてもピッタリ来る記事(コラム)を見つけました。 紹介します。 ◆アドラー心理学に向いている人、向いてない人とは? ―アドラー心理学の危険性 ⇒http://decinormal.com/2017/02/26/adler/ 一番共感したのは、この話です。 「トラウマは存在しない」(岸見一郎) トラウマは存在しないと考えた方が楽だし、前向きになれそうという程度の認識でした。 でも実際経験的にトラウマはあるし、それに悩まされたことがあります。 だから、本当は存在すると思います。 紹介した記事からですが、 引用 「作中でも触れられているが、アドラー心理学の実質は、心理学というよりも哲学だ。」 これは、岸見一郎さんの【幸せになる勇気】に書いてあるようです。 (私は読んでないのです。) 「アドラー心理学が向いてい…

続きを読む