介護関係 代理人による携帯電話の解約

携帯電話の解約
家族が施設に入所していて、携帯が不要になったので、解約に行きました。
結構面倒だったので、書いておきます。

解約は代理人の場合だと、診断書が必要になります。
1、老人施設にお願いして、医師に書いていただきました。
  3000円かかりました。
2、携帯ショップで必要なのは
  ・医師の診断書(見せるだけ)
  ・本人確認の保険証など
  ・代理人の本人確認(印鑑またはサイン)
 解約料は、3240円でした。


 * * *

auケータイの解約手続きには、契約者本人の来店が必要です。
ただし、どうしても契約者本人が来店できない場合は、代理人による解約手続きも可能です。
※代理人は、親権者、未成年後見人、成年後見人、契約者の家族、施設関係者に限ります。
 ⇒http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1112050691

au_gratina-1.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by Mignon at 09:16介護

物盗られ妄想の話を読んで、びっくり~。^^;

[物盗られ妄想] ブログ村キーワード[認知症] ブログ村キーワード
物盗られ妄想とは
認知症初期に見られ、身近な人が疑われやすい

物盗られ妄想というのは、認知症で起きやすい被害妄想の一つです。
大事な物を盗られたと訴えます。
自分が置いていた物が無くなったというのは、認知症ではないお年寄りでも訴えられる場合があります。
置いた場所を忘れてしまうということが原因なのですが、自分が失くしたと思っているのであれば、
認知症の物盗られ妄想とは少し違います。
認知症の物盗られ妄想は、自分が失くしたとは全く思っておりません。
ほとんど探す事もしません。
ない=盗まれたとなっている場合が多いのです。

物盗られ妄想は、デイサービスやヘルパーを利用しながら在宅介護が出来ている、またはケアハウスなどが
利用出来ている、認知症の初期の人には見られる事が多く、認知症の中期以降で特養などの施設入所になる
ようなレベルになると少なくなります。
また物盗られ妄想は、圧倒的に女性に多く見られます
盗まれたと訴えられるのは、財布や現金が多いのですが、貯金通帳や宝石類なども訴えに出てきます。

物盗られ妄想で盗んだとされるのは、介護をしている時間が長い人が多くなります。
また何でも言いやすいお嫁さんや娘さんが多く、ヘルパーやケアハウスなどでは、施設の
職員に疑いの目が向きます。

認知症ねっとより
 https://info.ninchisho.net/symptom/s70

にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護(個人)へ
posted by Mignon at 20:10介護