備忘録 もしもの時 臨終~葬儀まで(経験談)

備忘録として書きます。
順番が逆になりましたが、臨終~葬儀までの話です。

病院から、「急変したので、すぐ来て下さい。」との連絡がありました。
行って医師の説明を聞き、死亡診断書を書いていただきました。

その後
●家族・親戚に連絡。
葬儀会社に連絡。
 自宅へ連れて帰るための迎えをお願いします。
お寺に連絡。
●迎えの時間までに最初の着替え(浴衣など)の準備。
●お迎え
●家に着いて、故人を寝かせ、枕飾りをします。
●葬儀内容の決定
お迎えのスタッフが、そのまま打ち合わせのスタッフでした。
お寺への連絡は、スタッフがしてくれ、段取りが良かったです。
●枕経
臨終の直後ということですが、我が家の場合は遠い関係もあり、最後になりました。
(その日の内であればいいようですね。)

<翌日>
●自宅出棺
●葬儀場で
 湯灌の儀式をして、身繕い・納棺
●お通夜
<翌々日>
●立飯を食べ、スタッフとの打ち合わせ
●一同の写真撮影(サービス)
●葬式・告別式
●出棺
●火葬・骨揚げ
●初七日・精進落とし

前々から申し込んでいた葬儀会社がとても段取り良く進めて下さり、
良い葬儀が出来ました。
感謝しています。

急ぐのは遺影の写真選びです。
その他の写真をDVDにしてもらい、プロジェクターでスクリーンに映し
ました。
20枚程度ということで、選ぶのにぎりぎりまで迷っていました。
故人の思い出を振り返るのに良かったです。

s-hasu05.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ