アドラー心理学をまとめた「嫌われる勇気」をやっと、読み終わりました。

[嫌われる勇気] ブログ村キーワード[アドラー心理学] ブログ村キーワード[アルフレッド・アドラー] ブログ村キーワード
嫌われる勇気
 岸見一郎(哲学者)
 古賀史健(フリーランスライター)

アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を
青年と哲人の対話という形式で、まとめた本です。

この本は、正直活字アレルギーの私には読みにくい本でした。
ですが、内容はとしては、こんな考え方もあるのか、こういう風に考えれば
楽に生きられるなっていう、良い本だったと思います。

 * * *

図書館で借りた本なので忘備録として、一部、書いておきます。
●トラウマは存在しない。
 アドラー心理学では、トラウマを明確に否定します。
●人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである。
●対人関係のゴールは「共同体感覚」
 自己受容・他者信頼・他者貢献

○行動面の目標
 1、自立すること
 2、社会と調和して暮らせること
○この行動を支える心理面の目標
 1、わたしには能力がある、という意識
 2、人々はわたしの仲間である、という意識

これを初めて目にしてもわかるはずもありません。
もし気になる方は、読んでみて下さい。

 * * *

私はネットで見つけた彼の名言に共感しました。
http://mignon55.seesaa.net/article/438230192.html
◆アルフレッド・アドラーの名言
「行動するたびに叱られ、褒められて育った人間は
叱られるか褒められるかしないと行動しなくなる。」


「よくできたね」と褒める必要はない。
ただ「ありがとう」と感謝を伝えるだけでいい。

感謝される喜びを知れば自ら進んで周囲に貢献しよう
とする人間になる。

ブログランキング・にほんブログ村へ