代理人による10万円を超える現金の振込み 「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正

代理人による「10万円を超える現金の振込み」の
確認事項が増えました。


銀行では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「同法」といいます)にもとづき、
口座開設や10万円を超える現金のお振込み等の際に、お客さまの氏名、住居、生年月日等について
確認させていただいておりますが、同法の改正により、平成28 年10 月1日から、確認方法が
一部変更されることになりましたので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

お客さま等の氏名・住居・生年月日を確認させていただく際に、各種健康保険証等の顔写真がない
本人確認書類をご提示いただいた場合、他の本人確認書類や公共料金の領収書のご提示等、追加の
ご対応をお願いさせていただく場合があります。

pic1.png

全国銀行協会より一部引用させていただきました。
http://www.zenginkyo.or.jp/special/hansyuuhou/